大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

ニセクラカオスズメダイについて

スズメダイ科のニセクラカオスズメダイは全長約10cmで、八重山諸島以南の西部太平洋に分布している。クラカオスズメダイと似ているものの、本種には縞模様がない。日本の図鑑に初めて載ったのは1984年発刊の『日本産魚類大図鑑』(東海大学出版会)で、八重山が北限と記されていた。その後に出された図鑑でも本種の分布は変わらなかった。当時、座間味で本種が見られないのはそのためと納得していた。

ニセクラカオスズメダイ08年、コモド)

 

生息環境は内湾の浅瀬の枝状サンゴが群生している海域。わりあい警戒心が強く、観察・撮影のため近寄ると、奥のほうに行ってしまう。初めて出会ったのはインドネシアのコモド諸島だが、実はその前に奄美で若魚を見ている。当時はクラカオスズメダイと区別できなかったので、確信がなかった。その後、クラカオスズメの幼魚も縞模様はないが、成長とともに現れると知り、この場所では両種が混泳していることがわかったのだ。

両種の若魚が混泳するサンゴ礁07年、奄美

 

奄美大島の南部の大島海峡は入江が多く、何度か訪れたときに本種の成魚が確認できた。また、体色は淡い青緑なのだが、変えることがあるうえ、光の当たり具合や見る角度によって若干異なる。本種が奄美に分布することが正式に確認されたのが、2019年発刊の『奄美群島の魚類図鑑』(南日本新聞開発センター)だ。

ニセクラカオスズメダイ14年、奄美

 

始めて訪れたコモドで、偶然本種の産卵を見ることができた。水深は約6mで、枝状サンゴが群生する中の葉っぱのような形のサンゴの裏側に産卵していた。

産卵中のニセクラカオスズメダイ08年、コモド)

 

奄美の大島海峡には入江がたくさんあるので、本種が適応する環境が揃っているといえる。沖縄本島慶良間諸島には見られないニセクラカオスズメダイ奄美に多く生息する明確な理由はわからないが、絶妙な黒潮の流れ、そして奄美独特の地形が関係しているのではないだろうか。

ニセクラカオスズメダイの若魚(18年、奄美

 

意外に多いササムロ

タカサゴ科のササムロは全長約30cmになり、奄美および八丈以南の西部太平洋、インド洋に分布する。同科のタカサゴとよく似ていることから、混同されやすい。そのため、知名度は低い。

ササムリ(コモド)

 

両種の外見的な違いは尾ビレで、タカサゴは上下の先端が黒いのに対し、本種は黒帯になっている。いきなり大群が現れると体側の模様だけでタカサゴだと思ってしまうことがあるため、尾ビレも確認が必要だ。

上はタカサゴ、下はササムロ

 

感覚的にはタカサゴのほうが生息数が多いと思っていたが、写真を調べてみると意外なことがわかった。沖縄など国内では本種とタカサゴが混泳しているケースもあり、どっちが多いかは判断できない。しかし海外では圧倒的に本種が多かった。

ササムロの大群(コモド)

 

群れで行動していても、その中から小さなグループが離れることがある。クリーニングステーションに寄るためだ。本種に限らず、タカサゴ科の魚はいずれもクリーニングが好きなようだ。

クリーニングステーションに来たグループ(ラジャアンパット)

 

コモド諸島で午後遅くリーフエッジを移動していると、ササムロの大群に出会うことが多い。次から次にやって来て、いつまでも群れが続く。生息数がどうしてこんなに多いのだろうかと考えると、やはり大規模な漁業が行われていないからだと気づくのだ。

ササムロの群れが続く(コモド)

 

ハオコゼについて

ハオコゼ科のハオコゼは全長約10cmになり、本州中部以南、朝鮮半島南部に分布している。浅瀬の岩場や藻場に生息する。特徴は背ビレで、前のほうの数本のトゲが長い。このトゲには毒がある。体色は赤味がある茶色で、その中に複雑で保護色効果のある斑紋が入っている。

ハオコゼのメス(佐渡

 

背ビレのトゲの長さは、オスのほうが長い。当然ながら少しでも長いほうが、縄張りや繁殖などに関して有利になる。エサは小型甲殻類で、食べるのは夜だという。本種は伊豆にも分布しているのだが、出会った記憶がない。写真が残っているのは佐渡だけ。

ハオコゼのオス(佐渡

 

背ビレを倒している個体がいた。縄張り争いに敗れたのだろうか。体がやや小さかったので、若いオスなのかもしれない。

若いオス(佐渡

 

1989年に緑書房から『海水魚の繁殖』が出版された。全国の各水族館が水槽で飼育・繁殖させた魚類や無脊椎動物50種の観察記録や写真が掲載されている。表紙や口絵写真を貸した関係で本をいただいたが、この中に、東海大学海洋科学博物館のハオコゼの繁殖生態もある。それによると、初夏の夜に産卵すると記されている。自然状態で撮影したかったが、佐渡でのナイトダイビングはハードルが高く、実現しなかった。

海水魚の繁殖』表紙と、ハオコゼの繁殖関連ページ

 

水槽での観察記事には、若いオスは産卵の2030分前になると中層を遊泳する。一方、大型のオスは海底にいるメスの前で背ビレを広げ、トゲを誇示する。これが求愛とある。メスが海底から離れて浮かぶと、大型オスも後を追い、並んで上昇して放卵・放精するが、先に遊泳していた若いオスも加わり、56尾のオスが集団で産卵するという。こうした現象は水槽内だから起きるのかは定かでない。魚類の生態はわからないことばかりだ。

大型のオス(佐渡

 

「ニモ」の真実

ディズニー映画の「ファインディング・ニモ」が大ヒットしたのは20年前。当時カクレクマノミは魚類一の人気者に。正確には、イースタンクラウンアネモネフィッシュという近縁種だが。両種は背ビレのトゲの数が違うため別種になっているものの、外見では区別がつかない。ニモの分布はニューギニア島からオーストラリア北東部まで。一方カクレクマノミ奄美以南オーストラリア北西部までの西部太平洋に分布する。そのため英名はウエスタンクラウンアネモネフィッシといい、分布で見分けられる。

ニモことイースタンクラウンアネモネフィッシュ(インドネシア・マノクワリ)

 

体側の白い斑紋に黒の縁取りがあるのがイースタンクラウンアネモネという印象だが、そうとは限らない。黒の縁取りがあるのはハタゴイソギンチャクに住むからなのだ。同じ海域のセンジュイソギンチャクに住む個体は縁取りがない。

センジュイソギンチャクに住む個体(インドネシア・マノクワリ)

 

ニューギニア島のすぐ西に位置するラジャアンパットも分布的にはイースタンクラウンアネモネ(ニモ)だが、やはりセンジュイソギンチャクに住む個体は縁取りがない。

丸くなったセンジュイソギンチャクとニモ(ラジャアンパット)

 

それでは日本でハタゴイソギンチャクに住むカクレクマノミはどうだろうか。黒い縁取りが多少現れるが、さほど太くはならない。

ハタゴイソギンチャクに住むカクレクマノミ(座間味)

 

映画のニモはグレートバリアリーフGBR)生まれで、確か黒の縁取りはない。それでカクレクマノミと誤解された。もう一つは、同時期に日本からパプアニューギニアPNG)への直行便が就航し、PNGの海中も紹介され始め、その中でハタゴイソギンチャクに住むイースタンクラウンアネモネもよく目にするようになり、同種は縁取りがあるものという概念が生じたのだろう。

センジュイソギンチャクに住むイースタンクラウンアネモネフィッシュ(GBR

 

 

 

 

 

 

ツマジロモンガラの体色

モンガラカワハギ科のツマジロモンガラは全長約25cmになり、相模湾以南の西部太平洋、インド洋に分布している。生息域はサンゴ礁域で、九州以北で見られるのは幼魚や若魚と思われる。体色は茶色だが、個体によって微妙に異なる。最大の特徴は、尾ビレの先端が白いことだ。エサはカニ類、ウニ類、貝類などで、その他にも小型無脊椎動物を食べる。

岩に付着するエサを食べるツマジロモンガラ(座間味)

 

幼魚は体の下半分が白い。転石帯などの岩陰にいることがある。また、黒潮に運ばれて伊豆半島にも出現する。

全長約5cmの幼魚(座間味)

 

体色をよく変えるため、実際の体色はわかりにくい。あまり研究されていない魚のようで、オスとメスの区別もよくわかっていない。

オスと思われるツマジロモンガラ(座間味)

 

体が黒っぽくなり、体側の上のほうに白い帯が現れることがよくある。オスの婚姻色とも考えられるが、繁殖期以外でもなる場合があるので、警告色なのかもしれない。

白い帯が現れた個体(奄美

 

2尾が小競り合いをしていたことがある。片方は通常の体色だが、もう片方には白い帯が現れている。この先どうなるかと見守っていたのだが、すぐに離れて行ってしまった。

小競り合いの2尾(座間味)

 

白い帯が現れたときは、のどの辺りが青くなるので、やはり婚姻色になったオスではないかと思う。今後の研究に期待したい。

白帯が現れたときは、のどの辺りも青くなる(奄美

 

水中写真を使った年賀状 2023

水中写真を使った年賀状を紹介するのが恒例になっている。今年は11通と例年に比べると少なくなった。やはり海外に行けない事情があったので、しかたがないだろう。

今年いただいた水中写真の年賀状

 

11通の中から気に入ったものを選んでみた。選ぶ基準は、撮影意図やその技術、そして被写体が年賀用にふさわしいかなど。そうしてベスト5のうちの3通がこれ。左上は西表の笠井雅夫さんのマングローブ。水中とは思えないほどクリヤー。左下はやはり西表の矢野維幾さんのハゼで、種は不明だが珍しいハゼの求愛シーン。右は池田正樹さんのヒメニラミベニハゼで、小さい被写体にもかかわらず迫力がある。

気に入った年賀状3

 

全部の中で一番よいと思ったのが、左の斎藤光一さんの年賀状。水面を漂うナンヨウツバメウオの幼魚で、枯葉があるのが効いている。波によって水面への映り方が異なるので、想像を超える+αがあると高い評価を受けやすい。右は奄美のダイビングサービス・スタジオーネさんの年賀状。目のところに角のような皮弁があるので、稀種のツノカサゴのようだ。あくびをしている瞬間を撮ったのがすばらしい。

今年一番と二番の年賀状

 

コガネアジの生態

アジ科のコガネアジは全長約40cmになり、琉球列島以南の西部太平洋、インド洋、紅海に分布している。主にサンゴ礁域に生息し、単独~数尾のグループで行動している。日本ではあまり見られない。体色は銀色で、体側に黄色の斑点がある。和名は黄色い個体が多いことから付けられた。

コガネアジの黄色い個体と銀色の個体(コモド)

 

体色は何らかの事情で変えられるようで、銀色と黄色の中間をした個体も見かけることがある。

体色が中間の個体(コモド)

 

コガネアジの行動範囲はは広く、エサである小魚を求めて常に移動している。そんなとき、黄色と銀色の個体が一緒に行動していることもよくある。

黄色と銀色の個体が一緒に行動(コモド)

 

小魚を襲うときはとても速いので、その瞬間はなかなか見ることができない。ところがあるとき、目の前で襲ったことがあった。

小魚を襲うコガネアジ(コモド)

 

熱帯海域では繁殖期は特に決まっていないようだが、パプアニューギニアでは6月に求愛が観察できた。複数のオスが婚姻色になり、銀色のメスを追尾する。激しく追いかけあううちに、メスは気に入ったオスとペアになってしばらく移動する。ここで浮上の時間になるのがいつものパターンだ。おそらく日没くらいに産卵するのだろう。

婚姻色になったコガネアジのオス。先にいるメスを追う(パプアニューギニア