大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

沖縄本土復帰50年

2022515日、沖縄が復帰してちょうど50年になる。ということで、復帰した年のころに思いを馳せてみたい。ダイバーにとって沖縄の海は憧れなので、日本に返還される3年前(1969年)に一度行っている。

5月13日発売された沖縄復帰50周年記念切手

 

東京商船大学(現海洋大学)潜水クラブの合宿に同行したのだ。合宿とは名ばかりで、1か月かけて石垣と西表を巡るのだが、東京から移動は船やバス。現地ではキャンプ&スノーケリングという徹底した節約旅行。当時サラリーマンだったため、石垣だけ参加の12日間だった。東京から那覇まで2日かかり、石垣行きの船は翌日のため那覇1泊し、結局石垣まで4日かかった。

撮影機材はニコノス8ミリカメラを持参。写真は残っていないと思っていたが、プリントが1枚あった。また、帰りに那覇で切手を買っている。切手蒐集の趣味はないのだが、記念にしたかったのだろう。ちなみに帰りは飛行機で、那覇から東京まではノースウエストの国際便だった。

石垣の洞窟で食事中。石垣の海中風景。3セントの琉球切手(69年8月)

 

復帰後は197310月に訪れた。当時所属していたダイビングクラブを運営するダイビングショップが水中撮影業務を拡大するため、沖縄撮影旅行を計画し、ショップのオーナーとスタッフ、そしてぼくの3名で出発。那覇のショップにガイドと船のチャーターを依頼し、数日間潜った。持参した撮影機材は友人から借りたローライマリンとニコノス。スタッフはブロニカマリンを持って行った。6日間の日程の前半は本島東側の金武湾付近を、後半は西側を潜った。

ローライマリンで撮影中(東側の伊計島

 

最終日に真栄田岬で撮影中、水面を見るとマンタがいた。近寄るため浮上しかかると、目の前にカツオの大群が通りかかった。マンタよりも珍しいのでカツオにレンズを向けた。東京に戻ると、タイミングよく『朝日ラルース 週刊世界動物百科』の増刊号で魚類を特集することになり、リストにあったカツオの写真を貸し、掲載されたのだ。

朝日ラルースの掲載ページと表紙(743月)

 

その後沖縄へはやや間があき、19779月座間味に行っている。73年のときも座間味に渡る予定だったが、当時の港は整備されていなかったため、引潮時に連絡船は入港できず、日程と合わなかったのだ。それはさておき、このときの座間味が気に入り、座間味通いが始まった。

最初に訪れた慶良間諸島嘉比島に渡してもらって準備中(77年9月)

 

クロスズメダイ 未知の生態

スズメダイ科のクロスズメダイは、奄美大島以南の西部太平洋、インド洋に分布する。全長約17cmになり、和名のとおり体色は黒い。正確にいうと、青味ががかった黒だ。やや内湾性で比較的浅いところに生息し、ウミキノコ類のソフトコーラルの近くにいることが多い。

クロスズメダイの成魚(座間味)

 

クロスズメダイの幼魚は、体色・斑紋が成魚とまったく異なる。そのため1970年初めころまでは別種と思われ、キンセンスズメダイと呼ばれていた。

キンセンスズメダイと呼ばれていた幼魚(座間味)

 

1973年に串本海中公園センター水族館で飼育中だったキンセンスズメダイが徐々に体色が黒く変わったため、クロスズメダイとわかった。また同時期に魚類学者も潜水調査するようになり、体色変化中の本種を確認している。

体色が黒く変わり始めた全長約7cmの幼魚(座間味)

 

本種は単独で生息し、大きく移動することはない。そのため縄張り意識は強いほうになる。あるとき縄張りにオニヒトデが侵入した。すると果敢に攻撃し、ついに撃退させた。

侵入するオニヒトデのトゲをくわえるクロスズメダイGBR

 

本種は雑食性のようだが、実際にエサを食べている姿はあまり見られない。ところが、奄美で意外な行動を観察した。ハナビラクマノミが住むセンジュイソギンチャクのそばに来たのだ。触手には刺胞毒があるので、普通の魚は近づかない。

センジュイソギンチャクに近寄る(奄美

 

うねりで触手が揺れ、体に触れずにイソギンチャクの口が現れるのを見計らい、接近して口をつついた。当初は排泄物が目的かと思ったが、そうではない。口のあたりをかじっているのだ。ハナビラクマノミは追い払うにも相手が大きすぎ、あきらめているようだ。同じ行動を、奄美の外洋に近いポイントでのみ4回観察している。おそらくこの海域に生息するクロスズメダイにだけ特化した行動なのだろう。

イソギンチャクの口をかじるクロスズメダイ奄美

 

 

キヘリモンガラについて

モンガラカワハギ科のキヘリモンガラは全長約60cmに達する。相模湾以南の太平洋、インド洋に分布している。成魚は主にサンゴ礁域に生息し、温帯域で見られるのは幼魚がほとんど。また、60cmの大型個体はなかなか見られない。通常出会うのは40cm前後。

キヘリモンガラの成魚(水納島

 

幼魚は砂底にある岩などを隠れ場所にしていることが多い。奄美では、ボートを留めるブイを繋いでいるロープのそばにいたことがある。隠れられればいいのだろう。もう少し成長すると、行動範囲が広がる。

ロープのそばにいた全長約3cmの幼魚(奄美

 

キヘリモンガラの行動域は砂底が主。いちばんの理由はエサのようだ。その捕食方法は、口から水流を砂底に当てて砂を飛ばし、現れた石や死サンゴなどをどかし、隠れている小動物を捕らえる。深く掘るあまり、姿が隠れてしまったこともあったほど。

砂の中からエサを探す(座間味)

 

和名についてはさほど気にしていなかったが、改めて写真や図鑑を見たら、ヒレの縁が黄色っぽい。なるほど。若い個体ほどヒレの縁が黄色いようだ。

ホンソメワケベラにクリーニングされる若魚(奄美

 

繁殖期に卵を守っているゴマモンガラはとても危険ということは、ダイバーにはかなり浸透している、では、キヘリモンガラはどうだろうか。パラオモルディブでは攻撃(正確には反撃)してきたが、水納島やタイのタオ島では、反撃されなかった。遠巻きで見ていたからだろう。したがって、個体によって違うのかもしれないが、いずれにしてもゴマモンガラほどしつこくて強烈ではないのは確かなようだ。

反撃してきたキヘリモンガラ(パラオ

 

活動的で繊細なヒレオビウツボ

ウツボ科のヒレオビウツボは全長約50cmになり、高知県以南の太平洋、インド洋に分布している。新種記載されたのは1903年だが、日本では1990年代になって生息が確認されて和名が付いた。体色は紫がかった薄茶色で、体側には暗色の斑紋が入り、目の近くに白くて細長い斑紋があるのが特徴。

ホンソメワケベラの幼魚にクリーニングされる(座間味)

 

これまで座間味島奄美大島で出会っているが、生息場所は砂地にある根で、どちらも同じ環境だった。また、ウツボ類は岩のすき間から顔だけ出してじっとしているイメージだが、本種は異なり、活発で常に移動している。

オトヒメエビのそばを移動中(奄美

 

ウツボ類の中では小型になるが、さらに小さな個体に出会ったことがある。クサビライシの下に隠れていて、顔を出したところでユカタハタからのプレッシャーを受けていた。クサビライシは直径約15cmなので、この個体は20cm未満の若魚に違いない。

ユカタハタのプレッシャーにたじろぐ若魚(座間味)

 

根と砂地の境目あたりを移動していることもあった。隠れる場所がないので、天敵から狙われやすいにもかかわらず、性格的に動いていなければ気が済まないようだ。

根と砂地の境界を移動(座間味)

 

活発に移動するヒレオビウツボのすごいところは、忍者のように気配を消して動くことだ。その証といえるのがケヤリムシ。ダイバーの呼吸音でさえ引っ込んでしまうが、本種が触れても引っ込まないのだ。結果的には長い胴体にこすられて引っ込んでしまうが、最初のうちはケヤリムシも気づかないのかもしれないし、それだけ繊細なのだろう。

ケヤリムシに触れながら移動する(奄美

 

アカヒメジの不思議

ヒメジ科は日本に25種分布している。同科の最大の特徴は、下アゴ2本のヒゲがあること。このヒゲを手のように使い、海底に潜むエサを探すことができる。ところが、アカヒメジだけはヒゲを使うところは見られない。アカヒメジの分布は房総半島以南の太平洋、インド洋で、主にサンゴ礁域に群れで暮らす。全長40cmに達するらしいが、出会うのは2030cmのものが多い。

アカヒメジの群れ(ニューカレドニア

 

体色はご覧のように背中が黄色で、腹部は白。中央付近に黄色い縦帯が1本通っている。和名に「アカ」が付くのは、釣り上げられたり死んだりすると赤くなるので、当時の命名者は生きている姿を見ていなかったからだろう。生きているときも岩陰などで休んでいるときは赤っぽくなる。

サンゴの下で休むアカヒメジ。少し赤っぽい(奄美

 

アカヒメジの不思議なところは、いつも海底から離れていて、着底しないこと。そして前述のように、ヒゲを使うところが見られないことだ。

いつも海底から離れている(コモド)

 

アカヒメジはヨスジフエダイやノコギリダイなどと一緒に群れることがある。また、本種の若魚は体高が低いうえ、体色も白っぽい。

アカヒメジの若魚(座間味)

 

あるとき、単独のアカヒメジに出会った。しかもそばにはホンソメワケベラがいて、クリーニングされるところだった。めったに見られない場面なので、赤くなるのを期待して待ったが、気が変わったホンソメワケベラは離れて行ってしまった。いつも海底から離れているので、寄生虫が少ないからだろうか。ところで、エサの件だが、夜になると砂地やガレ場で小動物を食べると図鑑に記してあった。まさか「夜食」だったとは!

ホンソメワケベラにちょっとだけクリーニングされる(奄美

 

好奇心旺盛  ニジハタ

ハタ科のニジハタは全長約25cmの小型種。相模湾以南の太平洋に分布しているが、成魚が普通に見られるのは奄美諸島以南で、主な生息場所はサンゴ礁。体色は赤で、後部は焦げ茶色をしている。尾ビレに白い線が2本あることが最大の特徴。この白線が「二」に見えることから付けられた和名かと思ったが、「虹羽太」と書かれた図鑑もあるので、真意のほどはわからない。

単独で行動するニジハタ(座間味)

 

好奇心旺盛と形容したが、その前提になるのが警戒心が弱いということ。つまりダイバーから逃げないため、いろいろな情報を読み取ることができるのだ。あるとき、バディと二人で岩穴に入って小さな魚を撮影していた。5分も経つと、排気の泡が天井にたまり、水鏡ができた。するとニジハタが来て水面に写る自分の姿に興味津々だった。

水面に写る自分の姿を見るニジハタ。2尾も来た(座間味)

 

警戒心が弱くて好奇心が旺盛でなければ、狭い岩穴には入ってこないし、水面を見る余裕もないはずだ。このニジハタは岩穴から出ても去らなかった。バディとにらめっこをしたのだ。いつまでもそうしていたので、なんとも不思議な体験だった。

にらめっこするニジハタ(座間味)

 

このような性格の魚であれば、他の魚との交流もあるに違いない。そう感じて機会があれば観察したが、一度だけだった。それはクギベラと共に行動し、エサを探していた。動きが速く、すぐに遠ざかってしまったため、結果はわからなかった。ちなみに、ニジハタは興奮すると体色が変化したり、不規則な斑紋が現れる。また、ヘラヤガラと一緒に泳いでいたこともあるが、これは自分の意思とは無関係なので、交流とは違う。

上はクギベラとニジハタ。下がヘラヤガラとニジハタ(共に座間味)

 

好奇心が旺盛な性格は、エサの捕食にもプラスに作用する。常にアンテナを張っていて、チャンスがあればすぐに行動を起こすことができるからだ。それを立証するように、ニジハタが獲物をくわえた場面をよく見る。ハタ類の中では一番で、やはり好奇心がベースにあるからに違いない。

クラカオスズメダイをくわえたニジハタ(奄美

 

謎多きウミテング

奇妙な姿をした魚は結構多い。ウミテング科のウミテングもその一つ。大きさは約8cmで、相模湾以南の太平洋、インド洋に分布し、主な生息場所は砂底。移動するときは胸ビレを広げ、細長い腹ビレを使って海底を這うように進む。最初に出会ったのは座間味島だった。温帯域の魚と思い込んでいたので、ちょっと驚いた。また、大きさが10cmくらいあったと記憶している。

最初に出会ったウミテングで、大きかった(座間味、82年)

 

ウミテングは砂底やガレ場に生息しているため、海底にまぎれるような保護色をしている。したがって見つけにくい。ところが、個体によって体色は多様で、背面のみ白いタイプや全体的に赤っぽい個体も見られる。

白い背面の個体(伊豆大島)と赤っぽいタイプ(柏島

 

海で出会うウミテングは、だいたい7cm前後。座間味で出会ったものは特別大きかった。かなり前に鹿児島県の錦江湾で約5cmぼ幼魚に出会った。出会った中で最も小さかったように思う。

全長約5cmのウミテングの幼魚(錦江湾

 

ウミテングは伊豆半島などの温帯域でよく見られるため、熱帯域にはいないと思っていた。ところが沖縄や海外のサンゴ礁域でも見られたので、かなり分布が広いことがわかった。どのようにして分布を広げたのか、謎である。英名はリトル・ドラゴン(小さな龍)やシーモス(海の蛾)などと付けられている。

熱帯海域のウミテング(ラジャアンパット)

 

ペアでいることが多いウミテング。よく見ると吻の先の形が異なる。片方はヘラ状で、もう片方が棒状なのだ。おそらく雌雄による違いだろうが、図鑑にはその説明が載っていない。また、知る限り本種の繁殖行動は不明。比較的身近な魚にもかかわらず、謎は多い。

ウミテングのペアだが、向きは反対(柏島