大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

人気の被写体・ヨスジフエダイ

フエダイ科のヨスジフエダイは全長30cmになるようだが、通常見れれるのは20cmくらいのものが多い。千葉県以南の西部太平洋、インド洋に分布する。主にサンゴ礁の周辺で群れている。黄色味が強いため海中でよく目立つうえ、さほど警戒心は強くないので絶好の被写体になり、ダイバーの人気度は高い。

群れて行動するヨスジフエダイ(座間味、下はモルディブ

 

黄色地に水色の帯が4本入っていることが和名の由来で、さらに腹部の白い部分に茶色っぽくて細い線が数本あるのが本種の特徴。近似種のベンガルフエダイにはないので区別がつく。

ヨスジフエダイの特徴の腹部の線(座間味)

 

ヨスジフエダイを初めて見たのは、70年代後半の座間味島だった。ちょうど餌付けが流行り出したころで、冷凍サンマをエサにすると多様な魚が集まる中、ヨスジフエダイも来ていた。「漁礁」というポイントでは長年餌付けが続けられたので、メタボのヨスジも激増した。その後、餌付けは生態系に悪影響を及ぼすため、禁止になった。

丸々としたヨスジフエダイ(座間味、1989年)

 

ヨスジフエダイの幼魚は、転石帯の根の周辺に数尾で群がっている場合が多いが、一部は黒潮によって伊豆方面へ運ばれる。その年によって数が多いこともある。群れのものは、今見ると顔の辺りがベンガルフエダイのような気もする。1か月後に同じポイントで撮ったのが小枠の写真。こちらは明らかにヨスジフエダイだが、当時ベンガルフエダイを知らなかったので、ちょっとした違いに気づかず、今となっては後の祭り。

15cmの若魚の群れ(富戸、199810月、小枠は同年11月)

 

先述したように本種はさほど警戒心が強くないので、いろいろなアングルで撮ることも可能。真正面から狙ってもおもしろい。カメラを持ったダイバーをいろいろ楽しませてくれる魚だ。

正面から狙うのも比較的簡単(座間味)

 

 

 

 

 

第27回 写真展 「海で逢いたい」神戸展

標記の写真展が2/152/20までアートホール神戸に於いて開催中。

案内状

 

17日(土)見に行った。出品数は38点とかなり少なくなったものの、作品のレベルは向上していて。見ごたえがあった。諸事情により、神戸展は今回が最後になる。

会場の様子(1

 

写真の見せ方がいろいろある中で、組み写真も選択肢の一つということで、今回は、提案の意味で組み写真を出品した。左端の4点展示作そうなのだが、来月15日から東京展が開催されるので、そのときまでの楽しみにしていただきたい。

会場の様子(2

 

18日は神戸を中心に活動している「あでやっこ水中写真倶楽部」のメンバーが集まってくれ、元町にある知り合いのお店「Shima Nomi」でランチ会をしてくれた。そして4日遅れの誕生会も。たくさんのプレゼントをいただいて神戸を後にした。

いただいたプレゼント

 

 

 

あのころの主流は魚突き(2)

スピアフィッシング全盛の時代、素潜りで何度か水中銃を持ったことはあるが、水中カメラを使うほうが断然多かった。所属のクラブも写真や映像に力を入れていて、いろいろなカメラ・ハウジングを揃えていた。16mmシネグループもあり、わりあい安価に動画も撮れた。ニコノス以外のカメラはすべて借りていた。 

ニコノスブロニカ16mmベルハウエル、ローライマリンで撮影中(6873年)

 

この当時撮った写真がアルバムに貼ってあった。クラブのツアーで赤根崎に行ったときのものだ。K君とM君と3名で別行動をして被写体を探した。そのときの様子をK君が撮っていた。

右がぼくで、ダブルホースレギュレーターのM君(K君撮影、67年)

 

しばらくして、弱っているようなクラゲを見つけた。近寄ると小魚がたくさんついていたのでカメラを向けた。

クラゲを狙うぼくとM君(K君撮影)

 

このとき撮っていた写真がこれ。そしてM君はぼくのほうに近づいてくる。

クラゲと小魚越しのM

 

1mくらい近寄って来たことで、迫力ある写真になった。こうして順番に見ていくと、50数年前でアマチュアだったにもかかわらず、撮り方や見せ方がいかにもジャーナリスト的で、我ながら驚いた。

最終的なクラゲとダイバーの写真

 

 

あのころの主流は魚突き(1)

先日の全日本潜水連盟総会に出席された大部分の方は、連盟創立前後のダイビング事情を知らない世代だった。ダイビング界が歩んできた歴史を知ってもらいたいため、当時を振り返ってみよう。

ダイビングが一般的になり始めたのは60年代初頭。都内にダイビングショップが増え始めた。当時は現地ダイビングサービスはない状態で、都内のショップがタンクを積んでお客を海に連れて行っていた。したがってこのころは、ショップ=ダイビングクラブという形態だった。当時のダイビングの目的は、ほとんど魚突き(スピアフィッシング)。クラブ単位での魚突き大会が頻繁に行われていた。65年に出版された『シャーク・ハンター(鮫狩り)』(ベン・クロップ著、大崎映晋訳)が拍車を掛けた。

水中銃を持って潜るのは普通の時代だった(真鶴、66年)

 

当然全国規模の大会もあり、1967年には2回も。5月に全日本水中スポーツ連盟主催のスピアフィッシング大会が伊豆大島で開催された。当時はスポーツという意味合いだったようだ。

挨拶をする連名会長の舘石昭氏(中央)と大会出場の選手たち

 

21組が1チームで、同じダイビングクラブで数組のチームを結成した。波浮港からそれぞれ漁船に乗り、ポイントの差木地まで行ってエントリー。ぼくは記録係で、監視船に乗って適当なところで水中撮影するつもりでいたが、どの選手からも魚が逃げるから近寄るな、と言われていた。結局水中に入っても透視度が悪いうえ、目ぼしい人にも出会えず、写真は撮れなかった。

一斉に出航する選手たちを乗せた漁船

 

同年11月、ボイト杯争奪スピアフィッシング大会が伊豆大島で開催。ボイトとはアメリカの器材メーカーで、確か水中銃も販売していた。ボイト製品を輸入していた大沢商会が主催で大会が行われた。場所は野増漁港沖で、海岸からエントリーした。

開会式

 

このときも記録係で、やはり選手が潜っているそばには行けなかったが、大物を突いた選手が岸に上がって来た際、もう一度海に入って撮らせてくれた。

モロコを突いた選手

 

ダイビング仲間がスノーケリングで魚突きをするのに同行したこともある。神奈川県の諸磯で、近くにいた一人が大きなスズキを突いた。

ダイビングが普及すると同時に、事故や漁民とのトラブルが増え、このままではいけないと思った先輩たちは、日本で初めての潜水指導団体「日本潜水会」を立ち上げた。6712月のことで、後にアメリカからNAUIPADIも参入。国内でも関西や中部日本などに団体が誕生した。そして72年に4つの団体が一緒になって全日本潜水連盟(JUDF)が創立したのである。

スズキを突く(諸磯、67年)

 

 

全日本潜水連盟 総会

210日(土)、一般社団法人 全日本潜水連盟 会員総会が両国の国際ファッションセンターに於いて開催された。潜水指導団体そのものは自身の仕事とは直接関係なかったため、委任状を書いて欠席することが多かった。だが、数年前に講演を依頼された関係もあり、出席するようになった。今回も永年功労者として表彰があるとのことなので、出席した。

総会の様子

 

理事長の挨拶から始まり、昨年度の事業報告、収支決算報告、今年度事業計画案、予算案などが報告・協議された後、役員改選が行われ、今年度からの役員の紹介があった。そして、永年功労者の表彰。1972年全日本潜水連盟(JUDF)の創立以来、会員を続けている9名が対象者だが、今回出席したのはぼくと大阪の山本進氏の2名だった。

新役員の紹介

 

総会が終わってから集合写真を撮ったのだが、以前と比べると出席者が減少している。コロナ禍以来、オンラインでの出席もできるようになったこともあり、遠方のメンバーはわざわざ会場へ来る必要はない、という事情もあるようだ。

集合写真

 

総会終了後は会場を移しての懇親会。ふだんあまり会えない人とゆっくり話し合える時間だ。奄美や沖縄から出席したメンバーもいるので、最新の情報を聞いたりもした。こうして総会・懇親会は楽しく閉幕した。

懇親会の様子



 

 

 

 

ムスメベラの分布と生態

ベラ科のムスメベラは全長約22cmになり、千葉県以南~台湾、ニューカレドニア、オーストラリア南東部、ニュージーランドに分布する。琉球列島も分布に入っているが、奄美や沖縄では見た覚えがない。このことから高水温が苦手な温帯域のベラではないかと推察できる。その証拠に、赤道付近の熱帯海域を通り越して南半球でも北半球と同緯度あたりに分布しているからだ。

ムスメベラのオス(富戸)

 

オーストラリア南東部のシドニーから770km沖合にロードハウ島がある。そこでダイビングしたとき、ムスメベラを撮影した。日本のとは体色・斑紋が少し違ったが、地域変異らしい。

ムスメベラのオス(ロードハウ)

 

ムスメベラの幼魚期は、白黒の体で、遠くから見ればホンソメワケベラの幼魚に似ている。それだけでなく、生態もそっくりで、熱心にクリーニングを行う。

キタマクラをクリーニングする約5cmの幼魚(富戸)

 

幼魚だけでなく、若魚になってもクリーニングを行うことが知られている。そのため、本種がいるところには他の魚が集まってきて、クリーニングステーションになっている。

マツバスズメダイをクリーニグする約8cmの若魚(富戸)

 

ロードハウに生息するムスメベラも、幼魚はスズメダイをクリーニングしていた。遠く離れた南半球でも同じ生態だったことに、なぜか胸が熱くなったのだった。

スズメダイをクリーニングする約4cmの幼魚(ロードハウ)

 

シャチが流氷に!

衝撃的な映像が飛び込んできた! 6日(火)午後6時のNHKニュースで、シャチが流氷に閉じ込められたというのだ。場所は北海道の羅臼沖。午前10時ごろに海上保安庁に連絡があったという。

NHKニュースより

 

この時季流氷は風の影響で、北海道の東岸に流れ着く。また、数年前から北海道ではシャチがよく見られていたという。水面に浮いて呼吸しながら移動する賢いシャチなので、氷に閉じ込められることは考えられない。だが、羅臼の気象などの自然には海の王者もかなわなかった。

NHKニュースより

 

どうすることもできないため、見守るしかないらしい。地元の人の話では、流氷は1km先で終わっているので、もう少しの辛抱だとのこと。何とかがんばってほしい!

TBSニュースより