大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

トマトグループ

クマノミの仲間は世界に26種知られており、日本には6種分布している。体型などを基に、全種を5つのグループに分けることがある。今回はハマクマノミのグループを見てみよう。学者は「レッドサドルバックグループ」といっているが、ここでは簡単に「トマトグループ」にする。ハマクマノミの英名がトマトアネモネフィッシュだからだ。

ハマクマノミ奄美以南、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアなどに分布している。タマイタダキイソギンチャクに住む。幼魚は白線が3本あるが、成長と共に2本は消失する。また、老成すると黒の範囲が広がる。条件によっては群生する。

群生するハマクマノミ(フィリピン・セブ島

 

トマトグループにはハマクマノミ、レッドサドルバックアネモネフィッシュ、レッド&ブラックアネモフィッシュ、オーストラリアンアネモネフィッシュ、マックローキーズアネモネフィッシュの5種がいる。レッドサドルバックマレー半島スマトラ島などを中心に分布している。赤い体で後部に黒い斑紋が入り、白い帯はないのが特徴。

レッドサドルバックアネモネフィッシュ(アンダマン海・タイ)

 

レッド&ブラックはハマクマノミとよく似ているが、黒の入り方が少し異なる。当グループでは分布が最も広く、北はミクロネシア、西はボルネオ島、東はポリネシア、南はニューカレドニアになる。

一般的なレッドサドルバック(オーストラリア・グレートバリアリーフ

 

本種は分布が広いため、バリエーションも豊富。地域変異なのだろう。黒斑が小さいものやないものもいる。

レッドサドルバック(左はニューカレドニア、右はフィジー

 

当グループで異彩を放つのがマックローキーズだ。ハマクマノミのブラック版といえる。分布がオーストラリア東部沖のロードハウ島とノーフォーク島に限定される。

トマトグループは、もともと同種だったと推定できる。長い年月をかけて各地に分散し、環境に対応しながら分化したのだろう。この先も分化は続くに違いない。

マックローキーズアネモネフィッシュ(ロードハウ島)

 

イシガキカエルウオ・生態の謎

イソギンポ科のイシガキカエルウオは全長約6cmになり、奄美大島以南の西部太平洋、東部インド洋に分布している。サンゴ礁域の浅瀬に巣穴を持ち、その中で暮らす。時折巣穴から出て、岩肌に付着している藻類を食べる。目の周りの縞模様と、喉のあたりの黒線、エラ蓋付近の逆V字の模様があることが特徴。1954年に石垣島から得られた標本を基に新種記載された。

イシガキカエルウオ石垣島

 

39年前、初めて紅海に行った際、カイメンの上にイシガキカエルウオがいたのでビックリした覚えがある。特徴から見て間違いないが、図鑑の分布には入っていない。学術的に正すには標本を基にする必要があるため、こういうことはよくあるのだろう。それにしてもこんなに離れた海で、イシガキカエルウオに出会うとは思いもしなかった。

異国の海で出会ったイシガキカエルウオ(紅海)

 

繁殖期は初夏から秋くらいだと思うが、肝心な産卵は目撃したことがない。奄美6月に、オスと思える個体が、巣穴から黒くなった顔を出しているのに出会った。喉は青くなっている。婚姻色に違いない。体を伸ばしたり引っ込めたり、挙動不審の動きをした。メスに対してのアピールなのだろう。

婚姻色でメスにアピール(奄美

 

8月にはメスと思われる個体がサンゴの上にいた。お腹が大きい。気に入ったオスの巣穴に入って産卵するのだろうが、近くにオスは見えない。しばらく観察を続けたが、浮上時間が来てしまった。

腹部が膨れたメスと思われる個体(奄美

 

数年後の6月、今度はメスらしき個体がサンゴの上にいるところへ、オスらしき個体が接近する場面に出会った。周りを回ったり隣へ行ったりする。求愛のようだ。しかし状況は変わらない。この先オスがメスを自分の巣穴に誘い込むと予想できるが、進展がないまま離れなければならない時間になってしまった。身近な魚だが、生態に関しては未知の部分がまだまだ多い。

求愛するオス(奄美

 

 

ピクチャードラゴネットの繁殖

ネズッポ科のピクチャードラゴネットは全長約7cmになり、フィリピン、インドネシアなどに分布している。日本にはいないため、和名はない。同科のニシキテグリと近縁で、生息場所や行動などはよく似ている。生息場所は内湾にある枝状サンゴの根元で、警戒心が強いため、近づくのは難しい。

ピクチャードラゴネットのメス(ラジャアンパット)

 

ピクチャードラゴネットの特徴は、体全体にある二重丸の模様だ。個体によって形や大きさ、配置などは異なる。メスの大きさは46cmで、第1背ビレが小さい。一方オスは体がやや大きく、第1背ビレも大きくてトゲも目立つ。

ピクチャードラゴネットのオス(コモド)

 

インドネシアのコモドで、運よく繁殖の場面を観察することができた。繁殖期は通常より警戒心は緩むようだ。やはり子孫を残す役目がそうするのだろう。夕方になると、産卵場所と思われる場所に少しずつ集まってくる。そしてオスがメスに近寄ってアピールする。

右のメス2尾に近寄るオス(コモド)

 

同じような行動を繰り返しながら、産卵可能なメスを見つけたオスは、ヒレを広げてアピールする。すぐにメスが応える場合もあるが、メスが嫌がって去ってしまったり、別のオスが割り込むこともあり、なかなか順調にはいかない。

オスが背ビレを広げてアピールする(コモド)

 

応えたメスに対してオスはそばに近寄り、体を密着させる。

メスに身体を密着させるオス(コモド)

 

胸ビレにメスを乗せるような体勢でゆっくり上昇し、タイミングを計って放卵・放精を行う。そして素早く海底に戻る。オスはまもなく別のメスにアピールし、縄張りのメス全部に産卵させる使命がある。

放卵・放精するペア(コモド)

 

コトブキテッポウエビの裏ワザ

テッポウエビ科のコトブキテッポウエビは、1980年に新種記載された。同時期に沖縄でも生息が確認されたが、研究は進まなかった。そのためダイバーたちは、英名のランダールピストルシュリンプと呼んでいた。その後各地でも見つかり、伊豆半島以南の西部太平洋、インド洋に分布することがわかった。最も特徴的なのは体色で、とてもきれいな紅白模様をしている。

コトブキテッポウエビとホタテツノハゼ(奄美

 

日本初記録は2003年で、記載したのは串本海中公園センターの野村恵一氏。紅白のめでたい体色からコトブキテッポウエビ命名された。コトブキテッポウエビの主な共生相手は、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどのネジリンボウ属で、他にはホタテツノハゼ、ヤノダテハゼなど。ハゼ類と共生するテッポウエビ類の役割は巣穴をつくったり修繕することだが、本種はそれ以外にも裏ワザを持っている。

コトブキテッポウエビとヤノダテハゼ(奄美

 

巣穴の砂を外に運び出す場合、ハサミで押し上げるのが一般的だが、本種は反対向きになって砂を蹴り出すことができる。時間にして10数秒だったが、すごい勢いで砂が蹴り出された。こうした行動を観察したのは、キツネメネジリンボウと共生している1個体のみだが、友人も柏島で観察したことがあると言っている。 

後ろ向きになって砂を蹴り出す裏ワザ(柏島

 

コトブキテッポウエビは、共生相手のハゼをクリーニングするような行動を見せることが知られている。これまで石垣や奄美、伊豆などで、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウをクリーニングしているような行動が観察・撮影されている。しかし、実証するにはテッポウエビの胃の内容物を調べる必要があるので、難しい。クリーニングはともかく、接触刺激を楽しんでいる可能性もある。

ヤシャハゼに触れるコトブキテッポウエビ(座間味)

 

また、コトブキテッポウエビは共生ハゼの排泄物を食べるのではないかと言われている。というのも、そのような行動を観察・撮影されているからだ。やはり実証は難しいが、可能性は高いと思う。なぜなら魚類の排泄物には栄養分があるからだ。いろいろな裏ワザを見せてくれるコトブキテッポウエビは、実に観察しがいがある。

肛門付近を刺激して催促(?)するコトブキテッポウエビ奄美

 

海のオーバーツーリズム 

オーバーツーリズムが社会問題になっている。特定の観光地に訪問客が集中し、地域住民の生活や自然環境に負の影響をもたらすうえ、観光客の満足度を低下させる状況のことで、経済効果との兼ね合いもあるので、対策は難しい。

海にも同様なことが起きた。ボルネオ島の北東沖、マレーシア領シパダン島だ。1983年にボルネオダイバーズがこの無人島にダイビングリゾートをつくった。ダイビング事業は外貨獲得に有効なため、国の後押しもあったのだろう。シパダンの経緯については『AsianDiver2018Vol.150に載っているので、参考にしながら進めたい。

AsianDiver』のシパダンに関する記事。右上の女性はクストーの孫

 

シパダンは大部分が礁池で、北側の一部が直接深みになる。そこに施設をつくったことでビーチエントリーが容易で、ボートを利用すれば周囲のポイントにも行け、滞在すれば効率よく潜れる。しかも魚類や生物も豊富なため、たちまち大人気になり、島内にリゾートが増え、日本からもツアーが出るようになった。

シパダンダイブセンターのポイントマップ。下は沖から見たシパダン(94年)

 

ぼくが最初に行ったのは1994年で、リゾートが10数軒に増え、日本人ガイドが常駐するところもあった。海は評判どおりどのポイントも素晴らしく、145本難なく潜れ、まさに“ダイバー天国”だと実感した。ウミガメが多くて逃げないので驚いた覚えがある。このときは6日間滞在し、21本潜った。 

日本人ガイド常駐のシパダンダイブセンター

 

魚ではフチドリハナダイやブルー・ヘッド タイルフィッシュ、また、アカククリがミズガメカイメンを食べている珍しい場面も見た。カイメンの表面は硬いので、人為的に壊されたのだろう。

この12年後に近くのマブール島やカパライ島にもリゾートができ、ボートでシパダンまで遠征もした。90年代終りごろにはシパダンで潜るダイバーは、1300400名ほどになった。当然自然環境が破壊されたり、魚類が移動せざるを得ない状況になる。対策の一つとして、他のリゾートからのダイバー数を制限するようになった。1997年にマブールを取材した際、何度かシパダンで潜ったが、魚群が少なくなった感じだった。

アオウミガメ、フチドリハナダイ、ブルー・ヘッド タイルフィッシュ、アカククリ

 

それでも改善が図れないため、2002年にダイビング業者と国の環境対策チーム(?)が協議し、島での宿泊を0412月で禁止することとした。したがって、シパダンで潜るには近くのリゾートからボートで行くしかないが、自然保護の観点から人数制限、氏名登録、入島料を課す規定にした。こうすることによって、ダイバーはかなり減少し、自然環境はだいぶ戻ったという。

03年にもマブールを取材したが、シパダンに滞在できなくなると知ったので、最後の2日間はシパダン泊を希望し、実現した。滞在者しかできない早朝ダイビングを行い、岩穴に眠るカンムリブダイが起きて出かける瞬間が撮りたかったのだ。

早朝ダイビングの朝日とカンムリブダイ

 

AsianDiver』には、ボルネオダイバーズの責任者がシパダンの自然環境の経緯について、当初(1982)を100とした場合、2004年は30まで落ち、2018年は70まで回復したと見解を述べている。やはりオーバーツーリズムは良くないことが判明した。通常はビジネスを優先しがちだが、自然環境を守る方向に舵を切ったことは称賛に値する。日本も参考にするべきだろう。

アデヤッコのペア(200312月)

 

鯉のぼり

先日、東京スカイツリーソラマチへ行ったら、そばを流れる北十間川にたくさんの鯉のぼりが飾ってあった。鯉のぼりには「兵庫県…」の文字が。なぜかと思ったら、「播州鯉」という特産の鯉のぼりの生産地なので、協力していただいたらしい。

北十間川の鯉のぼり

 

スカイツリータウンのソラマチでも鯉のぼりがたくさん飾ってあった。

ソラマチの鯉のぼり

 

55日はこどもの日だが、昔は端午の節句で、男児のお祝いの日。男の子がいる家庭では、鯉のぼりを立て、兜や武者人形などを飾ったものだが、現在は鯉のぼりさえ見なくなった。散歩がてら近所を見て回ったが、一つもなかった。こうした風習や文化が消えてしまうのは、何となく寂しい。

今は公共の場でしか見られない(横網町公園

 

カエルアンコウの “釣り竿”

カエルアンコウの仲間は、ルアー(釣り)をすることで知られている。イリシウムといわれる “釣り竿” が口の近くについていて、先端にエスカと呼ばれる疑似餌がある。それを振ることにより、エサと間違えて近寄って来る小魚を捕食するのだ。このような捕食行動について図鑑などに書かれているが、実際にはなかなか見ることはできない。しょっちゅう “釣り竿” を振っているわけではないし、小さくて目立たないからだ。

黒いタイプのクマドリカエルアンコウは“釣り竿”が目立つ(八丈島

 

カエルアンコウ科は日本に15種分布しているが、ダイビングで見られるのは5種くらい。調べてみると、“釣り竿”の長さや太さ、疑似餌の形などはそれぞれの種や成長段階で異なるようだ。体が最も大きいオオモンカエルアンコウの“釣り竿”は、とても細く、疑似餌も小さい。アンカーを固定するロープに逆さになったとき、なぜか下に垂れ下がった。

オオモンカエルアンコウの“釣り竿”(奄美

 

最初に“釣り竿”を意識したというか、確認したのは、奄美で白いタイプのクマドリカエルアンコウを撮影していたときだ。ふだんはじっとしているはずなのだが、この個体は動いている。そうしているうちに居場所を決めたようで、すかさず“釣り竿”を上げた。そして斜め前に倒して振り始めたのだ。周囲には小魚はいない。エサとなるものがいなくても疑似餌を振ることをこのとき知った。しばらく観察していたが、何の変化もなかった。

“釣り竿”を振る白いタイプのクマドリカエルアンコウ奄美

 

カエルアンコウが“釣り竿”を振っているのを見たときはビックリした。エスカ(疑似餌)が大きかったからだ。ゴカイに似せているのだろう。また“釣り竿”も太くて、小魚にばれてしまうのでは、と心配になるくらいだ。でもこのときも近くに小魚はいなかった。もしかしたら、いざというときのための練習かもしれない。

大きな疑似餌を振るカエルアンコウ(大瀬崎)

 

これまで撮影した写真をチェックすると、“釣り竿”が確認できたのはここにアップした分だけだった。あまり参考にはならないかもしれないが、最も“釣り竿”を振る種はクマドリカエルアンコウということがわかった。

“釣り竿”を上げたクマドリカエルアンコウ(座間味)