大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

宝石サンゴについて

公益財団法人笹川平和財団 海洋政策研究所発行の『Ocean NewsletterNo.532号が届いた。以前は紙媒体だったが、数年前よりメールマガジンに代わっている。主に海洋に関する研究者が研究・調査で得られたことについて毎号三つのレポートが掲載されている。今号で興味深かったのが宝石サンゴだった。

「宝石サンゴの保護育成と持続的な活用にむけて」というタイトルで研究発表されたのは高知大学海洋コア総合研究センターと(公財)黒潮生物研究所。

宝石サンゴは、宝飾品やアクセサリーとして昔から利用されている。起源は地中海産のベニサンゴといわれ、正倉院にもシルクロードを経て運ばれてきた宝石サンゴの装飾品が残っているという。日本では明治以降宝石サンゴの商業的漁獲が高知県室戸沖で始まった。海底の宝石サンゴを網で絡めとる漁法で、当時地中海産のベニサンゴが枯渇し始めたため、それを補うかたちで日本は一大産地になり、最大の輸出品目になったこともあったらしい。

アカサンゴ群体                  骨軸を磨いて宝飾品に

 

宝石サンゴは、サンゴ礁を形成する造礁サンゴとは別のグループで、水深100600mの海底に生育している。日本ではアカサンゴ、モモイロサンゴ、シロサンゴが知られ、いずれも骨軸が緻密なため、研磨すると光沢のある宝飾品になる。しかし成長がとても遅いため、資源の枯渇が懸念され、禁漁区の拡大などさまざまな規制を設けて対処してきた。現在、鹿児島県や沖縄県では遠隔操作型潜水機で視認しての漁獲のみを許可しているという。

資源保護のため、さらに研究されているのが人為的増殖の取り組み。その一つは、漁獲された商品価値が低いサンゴの枝先を水槽で育て、開発したコンクリート製基質に埋め込み、元の海底に戻して生育させるという方法。

上はアカサンゴの枝先を植えた円盤基質。下は水深100mの海底に設置したもの

 

また、エポキシ樹脂を使って枝先を小型漁礁に埋め込み、成長を確認しているという。

1年経過して成長が見られた枝先(白丸の部分)

 

もう一つは、水槽で宝石サンゴの種苗をつくり、海に戻すこと。そのためには繁殖など基礎的な生活史を知る必要がある。最近では水槽でオスの群体から繁殖の兆候が撮影できたとのこと。このような生活史に関する研究は、持続可能な資源の利用や保全体制の構築を検討する上での基礎的な知見につながるため、今後も継続していく必要がある、と結んでいる。

アカサンゴのポリプの部分から放出された精子嚢(矢印の先)

 

けんかとなかよし

詩人の谷川俊太郎さんとイラストレーターのNoritakeさんが手がけた絵本『へいわとせんそう』(ブロンズ新社)。先月だったか、テレビで紹介されたのを見て、感動した。シンプルなイラストと短いタイトルで平和と戦争を対比。誰にでもわかりやすく、しかも考えさせられるつくりになっていたからだ。

『へいわとせんそう』より

 

魚に置き換えてできないかと考えた。パクリといわれるかもしれないが…。魚が争うのは生きるためや生活のためで、そのうえ武器は使わないので「戦争」という言葉はふさわしくない。そこで「けんか」とし、対比も逆にして少しでもパクリ感をなくしてみた。

   けんかするホンソメワケベラ          なかよしのホンソメワケベラ

 

   けんかするケラマハナダイ           なかよしのケラマハナダイ

 

    けんかするダテハゼ              なかよしのダテハゼ

 

  けんかするオウゴンニジギンポ         なかよしのオウゴンニジギンポ

 

   けんかするシマキンチャクフグ        なかよしのシマキンチャクフグ                  

                       (はノコギリハギ。完璧な擬態)                        

 

 

複雑 オニカサゴの世界

フサカサゴオニカサゴ属のオニカサゴは全長約25cmになり、房総半島以南に分布している。比較的平べったい体型で、口の周りに皮弁がある。1990年ごろまではサンゴ礁域にも分布しているとされていたが、奄美や沖縄に生息するものは別種のサツマカサゴ、ウルマカサゴセムカサゴということがわかった。その後さらに研究が進み、日本のサンゴ礁域に生息するオニカサゴ属は細分化された。

オオウルマカサゴと思われる個体(座間味)

 

2018年に発刊された『日本魚類館』(小学館)によると、セムカサゴはニライカサゴに、ウルマカサゴはオオウルマカサゴに改名された。サツマカサゴはそのままだが、ミミトゲオニカサゴ、イヌカサゴが新たに加わった。

『日本魚類館』のオニカサゴ属のページ

 

この中でニライカサゴは背中が盛り上がっているので見分けやすいが、他の4種はよく似ているため、外見だけで識別するのは困難。

ニライカサゴは縄張り争いで噛み合うこともある(座間味)

 

オニカサゴ属の魚はどれもカムフラージュが得意で、気づかない場合も多い。後で撮影した画像を見ても、どの部分にいるのかわからないこともよくある。『日本魚類館』には、日本のサンゴ礁域でオニカサゴといわれたものは、ほとんどイヌカサゴと記されている。

岩と同化しているイヌカサゴと思われる個体(水納島

 

昔、オニカサゴの顔にウミウシが乗っている場面を目撃した。もしかしたらウミウシは岩と間違えていたのかもしれない。

ミミトゲオニカサゴと思われる個体に乗るウミウシ(座間味)

 

このところ魚類の分類学の研究が目覚ましい。一つの種が分かれることもよくある。研究が進むことはよいことだが、外見で見分けがつかないことも多いため、ダイバーにとってはありがた迷惑と言えないこともない。

オオウルマカサゴと思われる個体(座間味)

 

玉鷲優勝!

大相撲秋場所は、平幕の玉鷲132敗で優勝した。玉鷲は最年長のうえ、連続出場記録も上位につけており、「鉄人」と呼ばれている。

優勝を果たした玉鷲中日スポーツ電子版より)

 

玉鷲が所属する片男波部屋墨田区石原にある。我が家から徒歩5分くらいなので、最も近い相撲部屋だ。そんなこともあり、今回の優勝はとても喜んでいる。

片男波部屋にお祝いの手書きの垂れ幕があった

 

片男波部屋のすぐ近くにスーパーのサミット石原店がある。大相撲が開催されるときは、応援メッセージを書いた掲示板があり、いつも支援している。26日(月)に行ってみたらのぼりが立ててあった。急遽作ったのだろうか。

祝優勝ののぼりを立てて祝福するサミット石原店

 

サミットには玉鷲も買い物に行くようで、何度か見ている。大きいのでよく目立つ。店内にはあちこちに優勝をお祝いする看板があり、割引商品も多数あった。しかし「優勝セール」ということではなかった。なぜなのだろう。

それはともかく、次の九州場所もがんばっていただきたい。

応援メッセージの掲示板やお祝いのビラで盛り上がるサミット石原店

 

 

 

 

 

 

絶好の被写体 ユカタハタ

ハタ科のユカタハタは全長約40cmになり、伊豆半島以南の太平洋、インド洋に分布している。サンゴ礁域ではお馴染みのハタで、鮮やかな赤に無数の青い斑点があり、とても美しい。比較的生息数が多いうえに大きさも手ごろで、警戒心もあまりないためよい被写体になる。

ホンソメワケベラにクリーニングされるユカタハタ(座間味)

 

幼魚期の最初のころ(約5cm)の体色は明るいオレンジ色で、青い斑点はまだない。67cmくらいになると現れてきて本種らしくなる。

全長約5cmの幼魚(座間味)

 

ユカタハタは、1尾のオスと複数のメスからなるハレムを形成する。図鑑にはメスの数が最大12尾と記してあるが、沖縄や奄美では砂地やガレ場にある根に生息していることが多いため、23尾の場合がほとんど。外見ではオス、メスがわからないので、じゃれ合っていても遊びなのか求愛なのかわかりにくい。

体を摺り寄せ合うユカタハタ(座間味)

 

被写体として惹かれるのは美しい体色だけではない。絵になる底生生物を撮影しているときに本種が近くにいた場合、この位置に来てくれ、と念じると大抵希望の位置に来てくれる。

リュウキュウイソバナの絶妙な位置に来たユカタハタ(スミラン諸島)

 

生息している根には岩穴があり、クリーニングシュリンプも住んでいる。したがって、暇さえあればクリーニングを受ける。その際も静かに待っていればリラックスした姿を見せてくれる。

ミカヅキコモンエビとホンソメワケベラ幼魚のWでクリーニング(奄美

 

好奇心も強く、常に生息域を見回り、何かがあるとすぐに対応する。特にウツボ類には異常なほどで、必ずちょっかいを出す。そんな性格もあり、お陰でおもしろい写真が撮れる。

サビウツボの若魚にちょっかいを出すユカタハタ(座間味)

 

タカノハダイ科について

タカノハダイ科は、13種日本に分布している。タカノハダイ属のタカノハダイ、ミギマキ、ユウダチタカノハの3種だ。同属は胸ビレが長く、海底で休む際に体を支えたり、エサを探るのに役立つ。エサはヨコエビ類などの小型底生動物。いずれも温帯域に適応している。

タカノハダイは全長約40cmになり、青森県屋久島、朝鮮半島南岸、東シナ海沿岸、台湾に分布してる。茶色の縞と尾ビレの白い斑点が特徴。

砂地で休むタカノハダイ(大瀬崎)

 

ミギマキは全長約35cmになり、房総半島~奄美大島、台湾に分布している。体側や尾ビレ上部が黄色っぽいことと、口が赤いのが特徴。

南限のミギマキ(奄美

 

ミギマキの幼魚は、砂地や岩場の陰などに単独でいることが多い。幼魚期はまだ黄色味も強くなく、口も赤くない。

全長約4cmのミギマキの幼魚(柏島

 

ユウダチタカノハは全長約40cmになり、房総半島および新潟県屋久島、朝鮮半島南岸、東シナ海南シナ海沿岸、台湾に分布している。前2種よりも生息数が少ないうえ、やや深いところに生息するため、出会える機会はそう多くない。ミギマキに似るが、体色に黄色味がなく、口も赤くないことで識別できる。

ユウダチタカノハ(大瀬崎)

 

ユウダチタカノハの幼魚を最初見たときは、茶色い帯がタカノハダイのそれと同じだったので、てっきりタカノハダイと思っていた。詳しく調べてみたら本種であることがわかった。背ビレに黒点があるのが特徴。

全長約4cmのユウダチタカノハの幼魚(大瀬崎)

 

 

生中継番組に思う

9/10(土)午後150分よりNHKで「ニッポン 今つないでみたら」という生中継番組があった。北海道や沖縄など9か所とスタジオとで中継を結び、午後6時までの長丁場。ウミガメが海中を泳ぐ予告で、慶良間諸島座間味島からの中継もあるというので、要所要所見た。 

生中継番組「ニッポン 今つないでみたら」

 

生中継については、以前から疑問があった。スポーツの試合やコンサートなどは放送のシステムができ上っているのでよいが、問題なのは自然ものだ。なぜなら、電波の状況や機器のトラブルなどを想定し、すべて余分に準備しなければならず、予算や労力はVTR取材の10倍以上かかる。さらに放送時間に限りがあるため、最良の場面を撮るのは難しい。一方、生中継の良い点はリアルタイムで見られること、現場とスタジオで会話ができることなどだが、視聴者からするとどうでもよいことで、ぜんぜん気にしない人もいると思う。したがって生中継は、放送局側の自己満足といえるだろう。

スタジオと全国9か所とをつなぐ

 

今回の座間味島からの生中継も結局台風12号の影響で事前に収録したVTRになり、生中継は那覇市泊港からに変更された。

那覇泊港からの生中継

 

座間味からはアナウンサーが潜ってレポートする中継だった。おそらく、リハーサルを兼ねて撮影している時点で、当日は台風で無理と思ったのだろう。予定通り撮影を行い、那覇に戻ったようだ。そして生中継風に放送したというワケだ。

アナウンサーとウミガメ

 

台風の影響がなかった場合でも、リハーサルの時点でいい映像を撮り、もしもの時に備えていたと思う。座間味のサンゴは今はきれいだが、以前はオニヒトデや巻貝でダメージを受けて復活したので、昔の映像や写真も放送の中で入れる考えだったのだろう。こういう編集も必要なので、最初からVTR取材でいいのだ。

サンゴにダメージを与える巻貝のシロレイシガイダマシ