大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

幼魚は白黒

幼魚期は天敵が多い。そのため体色を派手にしたり、目玉模様で狙われないよう工夫している。前者は有毒を連想させるようで、後者は本物の目を守ったり、脅す役目もある。


ホホスジタルミの幼魚と成魚

イメージ 1

派手な体色とは反対に、白黒の幼魚も少なくない。色合いとしては地味なのだが、コントラストが強いのでかなり目立つ。そこで幼魚期のみ白黒で、成魚には変化してしまう魚を取り上げてみよう。









スミツキベラの幼魚と成魚
イメージ 2

スミツキベラの幼魚は、岩穴や底生生物のそばにいることが多い。黒地に白の模様が、成長するとどうしてこんなに変化してしまうのだろう。










キツネアマダイの幼魚と成魚                                          

イメージ 3

キツネアマダイの幼魚は、サンゴ礁域の転石帯や砂底に生息している。体型はまるでベラ類で、ムスメベラの幼魚とよく似ている。基本的にはホンソメワケベラの幼魚のような配色なので、擬態という可能性もある。









マナベベラの幼魚と成魚
イメージ 4

マナベベラの幼魚はサンゴの間に生息し、他の魚をクリーニングする。












ナンヨウブダイの幼魚と成魚
イメージ 5

ナンヨウブダイの幼魚は、サンゴ礁域の転石帯やガレ場に生息している。他のブダイ類の幼魚と混泳することもある。幼魚の模様が成魚に変わる途中は見たことがない。一体いつ変わるのだろう。