大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

フエヤッコダイはイソバナ好き!

チョウチョウウオ科のフエヤッコダイは全長約15cmになり、相模湾以南の太平洋、インド洋に広く分布している。成魚が普通に見られるのは奄美以南のサンゴ礁域になる。体色は黄色で、吻が細長いことが特徴。

リュウキュウイソバナとフエヤッコダイのペア

f:id:youjiuo:20210605214445j:plain

 

沖縄・慶良間諸島座間味島では、フエヤッコダイが単独、ペア、3尾で行動している姿を見ることがあり、特にリュウキュウイソバナのそばに来ることが多い。

ペアでやって来た

f:id:youjiuo:20210605214652j:plain

 

フエヤッコダイは小型甲殻類やゴカイ類が主食。イソバナ類には小型の甲殻類が付いていることが多いので、それが目当てなのだろう。

エサが目当てでやってくるようだ

f:id:youjiuo:20210605214806j:plain

 

リュウキュウイソバナは潮の流れが強くなると、ポリプを開いてプランクトンを捕まえて食べる。白っぽくなっているのが開いている証。

ポリプが開いているリュウキュウイソバナとフエヤッコダイ

f:id:youjiuo:20210605215040j:plain

 

いずれにしてもフエヤッコダイがイソバナ類のそばに来ると、華やかになって写真を撮るものにとってはありがたい。赤、黄、青の3色が画面に入ると、誰が見ても美しいと感じるからだ。

青い水に黄色と赤が入ると絵になる(いずれも座間味)

f:id:youjiuo:20210605215216j:plain