大方洋二の魚って不思議!

写真を通して魚類の生態や海について考える

北の魚

南の海に潜ることが多いので、写真のストックはサンゴ礁魚が大部分。とはいえ、以前は海中公園の取材もしていたので、北海道や青森、新潟でも潜ったことがある。そこで、貴重(?)な北の魚を取り上げてみよう。

まずはアイナメ科のアイナメ。九州あたりまで生息しているらしいが、やはり本州中部以北が主な分布域。

アイナメの若魚(佐渡

f:id:youjiuo:20200704164317j:plain

 

カジカ科のスイは約10cmで、藻場を浮遊している。日本海側は東北から九州北部、太平洋側は東北から本州中部まで分泌している。

細長い体が特徴のスイ(佐渡

f:id:youjiuo:20200704164341j:plain

 

タウエガジ科のオキカズナギは全長約15cmで、藻場や岩場で浮遊している。体色は変異が多いが、背ビレに四つの黒斑があるのが特徴。分布は北海道~青森。

オキカズナギ(小樽)

f:id:youjiuo:20200704164359j:plain

 

メバル科のキツネメバルは約28cmで、岩場に生息している。分布は日本海側が北海道から山口県まで、太平洋側が北海道南部から福島県まで。海外では朝鮮半島南部に分布する。同科のクロソイとよく似ている。

キツネメバル(青森・仏ヶ浦)

f:id:youjiuo:20200704164416j:plain

 

メバル科のクロソイは約40cmに達する。本種は北海道や青森では重要な水産資源で、人工ふ化させて仔魚を放流している。総じて北の魚は地味だが、味は抜群だ。

クロソイの若魚(青森・鯛島)

f:id:youjiuo:20200704164435j:plain